• seikataimama

簿記会計少しづつ学んでみよう!④

損益計算書の作成原則

①費用及び収益は総額によって記載することを原則とし、費用の項目と収益の項目とを直接に相殺する事によってその全部又は一部を損益計算書から除却してはならない。

 理由-利益の源泉となった取引の量的規状況を明瞭に表示する事により、企業の経営活動の状況を明らかにするため

②費用及び収益は、その発生源泉に従って明瞭に分類し、各収益項目とそれに関連する費用項目とを損益計算書に対応表示しなければならない。

 売上高-売上原価⇒個別対応

 売上高-販売管理費⇒期間対応

 営業外収益-営業外費用⇒因果関係・取引の同質性に着目して対応表示

期間損益計算

①期間損益計算の目的とは

 企業の利害関係者に対し、一会計期間における経営成績を測定し、報告する事である。

②財産法の長所・短所

 財産法の長所は、帳簿記録に残らない損益まで把握できる事であり、短所は期間損益の原因を明らかにできない事

③損益法の長所・短所

 損益法の長所は、期間損益の原因を明らかにできることであり、短所は帳簿記録に残らない損益を把握できない事である。

④法人税の会計的性格

 サービスに対する費用

 利益処分

⑤総額主義の原則の例外

 売上仕入れの値引き 

 為替差損益

貸借対照表の機能

 貸借対照表には、期間損益の連結機能と、財政状態表示機能の2つの機能があります。

①期間損益の連結機能とは

 動態論を前提とする企業会計では、企業の設立から解散までの全期間を人為的に区切っているため、「収入と収益」、「支出と費用」、「収入と支出」の間に期間的ずれが生じます。

動的貸借対照表は、このような収支計算と損益計算の期間的なズレから生じた未解決項目を次期の期間損益計算へ繰り越し、連結する為の機能を果たしています。

②財政状態表示機能とは

 財政状態とは、企業が経営活動を行うために利用される資本の調達源泉と運用形態の釣り合いの状態をいいます。貸借対照表は一定時点の、資本調達源泉と運用形態を左右に表示したもので、企業の財政状態をを表示する機能を果たしたいます。貸借対照表の借方が運用形態、貸方が調達源泉をそれぞれ表しています。

注記表の概要

 主な注記の種類

・継続企業の前提に関する注記

・重要な会計方針に係る事項に関する注記

・会計方針の変更に関する注記

・表示方法の変更に関する注記

・会計上の見積もりの変更に関する注記

・誤謬の訂正に関する注記

・貸借対照表に関する注記

・損益計算書に関する注記

・株主資本変動計算書に関する注記

・税効果に関する注記

・リースにより使用する固定資産に関する注記

・金融商品に関する注記

・賃貸等不動産に関する注記

・持分法損益等に関する注記

・関連当事者との取引に関する注記

・1株当たりの情報に関する注記

・重要な後発事象に関する注記

・連結配当規制適用会社に関する注記

・その他の注記

会社計算規則が要求する注記種類5

・継続企業の前提に関する注記

・重要な会計方針に係る事項に関する注記

・税効果に関する注記

・1株当たりの情報に関する注記

・重要な後発事象に関する注記

重要な後発事象を注記事項として開示することは、当該企業の将来の財政状態、経営成績、およびキャシュフロー・状況を理解する上で補足情報として有用である。

重要な会計方針の例

1・資産の評価基準・評価方法

2・固定資産の減価償却法

3・繰延資産の評価方法

74回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

簿記会計少しづつ学んでみよう!⑰

ストック・オプション ストック・オプションとは、株式会社が、会社の役員・使用人その他の者に対し、 その役務の提供等の対価として、一定の金額を支払う事によって株式の交付を 受けることができる権利を与える場合における当該権利の事である。 付与日------------権利確定日-----------------------満期日 対照勤務期間              権利行使期間 ↓ ↓ 従業員等に

簿記会計少しづつ学んでみよう!⑰

自己株式 【自己株式の会計的性格】 ①資産説 (考え方)自己株式を資産と考える立場で、自己株式に関する取引を 資産に関する取引と考える。 (主な論拠)自己株式を取得しただけでは、株式は失効しておらず 他の有価証券と同様に換金性のある会社財産とみら れること (表示)資産として表示する。 ②資本控除説⇒制度上採用 (考え方)自己株式を資本の控除と考える立場で、自己株式に関する 取引を資本取引と考える

簿記会計少しづつ学んでみよう!⑯

純資産の表示 1)純資産とは、資産と負債の差額 2)株主資本は純資産のうち株主に帰属する部分 3)払込資本は株主資本のうち株主が払い込んだ元本を意味します。 【株主資本と純利益のクリーン・サープラス関係】 特定期間における資本の変動額と当該期間の利益の額が一致する関係を クリーン・サープラス関係と言います。 財務報告の情報開示において特に重要とされる当期純利益と株主資本が クリーン・サープラス関係

Accounting software classroom

​      

簿記・会計ソフト教室

​​  

東京都中央区銀座7丁目13番5号

NREG銀座ビル1階

​℡ 03-6383-5885

®

教室:所在場所

【銀座】 東京都中央区銀座7 丁目13 番6 号 NREG銀座ビル1階

​【池袋】東京都豊島区東池袋1丁目34番5号 いちご東池袋ビル 6階

【新宿】 東京都新宿区新宿2 丁目12 番13 号 新宿アントレサロンビル

【横浜】 神奈川県横浜市西区北幸1 丁目11 番1 号 水信ビル7 階

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page

​会計ソフトを1週間でマスターしよう!

​簿記苦手が簿記上手にマンツーマン指導と個人カリキュラムで経理の専門職に転職